ペスタロッチの教育思想「直観教授法」を知る!民衆教育の父の教えとは

食べ方で生き方は変わります。

お子さんの食べ物を決めるとき、何を基準にしていますか?
安心安全な食べ物は、「らでぃっしゅぼーや」なら信頼して購入できます。

まずはお得なお試しセットを頼んでみてください。

驚くのは余計な調味料がいらない美味しさ、日持ちの長さです。

スイスに生まれ、自らが考える理想の教育を生涯追い求めたペスタロッ。生涯追い求めるなんてとってもかっこいいですよね。

そんなジェントルマン、民衆教育の父と呼ばれた彼の教育思想「直観教授法」とは何なのか、一緒に理解していきましょう。

ペスタロッチとは

その人の考えを知るためには、まずはその人のことを知らなければ始まりません。というわけで、「ペスタロッチ」で検索検索~~。

ペスタロッチ

 スイスの教育家。急進的愛国主義運動,農業経営,貧民学校の試行錯誤を経て,家庭の再生と子どもの知性・道徳・技術を育てる教育によって民衆の道徳的更正と自立をという思想に至る。この立場に立った教育実践のなかで,知識の基本的要素(形・数・言語)の分析と構成の理論や直観重視の教授法を打ち立て,これらは初等教育理論に大きな影響を与えた。その思想は,フレーベルディーステルウェークらドイツの教育家のみならず,日本でも長田新らに引き継がれている。著書《ゲルトルートはいかにその子を教えるか》等。

コトバンク
ふむふむ…なるほど。まずペスタロッチはスイスの教育家であり、いろんなことを経験していく中で直観教授法という思想にたどり着いたようですね。さらに、思想を抱いていただけではなく、彼が実際に子供たちと接していくことでその教育の実践もしていたのです。
みか子
有言実行って素晴らしいわ~~。そんな人がどんな思想にたどり着いたのか気になってきちゃった!
みやび(パパ)
有言実行…僕が最も苦手とすることだ…汗
たしかに素晴らしいけどどうやったらそんな考えにたどり着くんだろうね。