これで安心!子供も喜ぶ!幼稚園の遠足におすすめのおやつ5選

食べ方で生き方は変わります。

お子さんの食べ物を決めるとき、何を基準にしていますか?
安心安全な食べ物は、「らでぃっしゅぼーや」なら信頼して購入できます。

まずはお得なお試しセットを頼んでみてください。

驚くのは余計な調味料がいらない美味しさ、日持ちの長さです。

遠足は、子供たちの楽しみな行事のひとつです。「遠足まであと〇日!!」なんて、カウントダウンを始めたり、楽しみすぎて前日あまり寝られなかったり、当日の朝早く起きてしまったり…という経験がある私も、母となり、幼稚園の遠足事情が気になるようになりました。

中でも気になるのが、「おやつ」のこと。何でも最近のおやつは、ルールが色々あったりおやつ交換が盛んだったりと、私が小さい頃とはだいぶ違うみたいなんです。遠足は、おやつを選ぶ時間からもう始まっています!おやつ選びも失敗したくないですよね。

そこで、私が友人に聞いた遠足のおやつ事情も交えながら、子供は喜びママも安心な幼稚園の遠足におすすめのおやつを5つ、厳選してお伝えします!

幼稚園のルールを守って楽しもう

遠足を楽しむのに欠かせないのが、お弁当やおやつの時間です。「バナナはおやつに入りますか~?」なんて冗談もひと昔前にはありましたが、おやつ選びの前に、幼稚園のルールを知っておくことが必要です。

・チョコや飴禁止

・ひとり1個まで

・おやつは園が用意する

・おやつ交換禁止

等々、園によって色々あるようですが、何よりもまずは園のルールを守ることです。

おやつ交換禁止と言われているのに、「仲の良い友達にだけ少し」と軽い気持ちで持っていくと、ルール違反はもちろん、却って相手の子に気を遣わせてしまうことにもなりかねません。

他にも「食べきれる分だけ」や「各家庭の常識内」など、ご家庭の裁量に任せたルールもあるようです。「どれくらい持っていけばいいの?」と思ったら、これからそれも踏まえておすすめのおやつを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

みか子
同じ幼稚園の先輩ママなら、色々な事情だったり遠足の雰囲気も知っていると思います。参考までに聞けるといいですね。

おやつ交換は子供たちの大事なコミュニケーション

園によってはおやつ交換禁止のところもあるようですが、遠足でお友達とおやつをあげたり貰ったり、そんな行為が子供たちにとっては嬉しく楽しいものです。近年のおやつ交換は、子供たちの大事なコミュニケーションの場になっています。楽しいおやつの時間を過ごしてほしいですよね。

「○○ちゃんからドーナツもらった!」

「〇〇君とおやつ一緒に食べた!」

子供は案外、誰にどのおやつをもらったか覚えていて、お友達と仲良くなるきっかけにもなります。だとしたら、おやつ選びもそれを想定して選んだ方がよさそうです。

いつ誰とおやつ交換は始まる?

おやつ交換は、お弁当を食べてからの自由時間に始まるところが多いようです。

子供同士はもちろんですが、親子遠足だと保護者同士、中には先生が準備していて配ってくれる所もあるそう。クラスの人数分+αくらいの数を持っていくと安心です。

ママ達にとっても、おやつを配ったり一緒に食べたりとコミュニケーションのきっかけになりますよ。前向きに捉えて、せっかくなら楽しみたいですよね。

ファミリーパックがおすすめ

大勢に配れて、子供も食べやすいサイズになっているファミリーパックは、おやつ交換におすすめです。個装されているグミやしっとり系のクッキーなど、持ち運びに負担のないかさ張らないものを選びましょう。

みか子
初めての親子遠足で、ママ達のおやつのおすそ分けが始まった!と慌てることのないように、用意しておくと安心です。

おやつ交換で注意したいポイント

楽しく嬉しいおやつ交換になるよう、ここで簡単に注意しておきたいポイントをお伝えします。

アレルギーのお友達がいないか確認しておく

現代では、食物アレルギーも広く認識されています。先生方も十分注意されていると思いますが、念のためアレルギーのお友達がいないか確認したいところです。

もしかしたら仲良しのお友達が、ということもありますので、アレルギーの心配がないおやつを用意して、「これは○○ちゃんに渡す用ね」と言って子供に渡すのもいいですね。

【おすすめのおやつ】

普段のおやつは手作りのものを食べさせている、というママもいるかと思います。遠足は、子供と一緒におやつ作りを楽しむいい機会にもなりそうです。しかし、アレルギーの問題だったり、衛生面が気になるという方もいるので、お友達にあげるのは避けるのが無難です。

色々な考えがあるけど、子供たちが楽しめることが大事

日頃から無添加のおやつを食べさせている家庭があったり、チョコレートや飴はまだ食べたことがない子がいたり、おやつ1つをとっても、家庭によって考え方は色々あります。しかし互いに気にしすぎて、子供たちが何となくつまらなく感じてしまっては本末転倒。

みか子
遠足は特別、と割り切る気持ちが必要かもしれませんね。
きお太(3歳)
じゃあママ!!僕、チョコレートがいい!!
みか子
……(うーん、食べさせないようにしてるけど…)

 

子供も喜ぶ!幼稚園の遠足におすすめのおやつ5選!

さて、ルールやおやつ交換のことも踏まえて、幼稚園の遠足にぜひおすすめしたいおやつを厳選して5つ、ここでお伝えします。お子さんが食べやすく手頃で、ママにとっても安心なおやつを厳選しました。

ゼリー

【おすすめポイント】

・子供が食べやすい

・凍らせると、保冷剤の代わりになる。食べる時に程よく溶けていて美味しい!

・小さなカップやスティック状など個装されていて、おやつ交換に最適

【こんな商品があります】

ラムネ

【おすすめポイント】

・サッと溶けて子供が食べやすい

・溶ける心配もなく、持っていくにもかさ張らない

・個装タイプを選べばおやつ交換にもいい

【こんな商品があります】

子供の視点に立っておやつを選ぼう

ご紹介したゼリーやラムネ、グミなどは、例えば親子遠足などで小さいお子さんが来ている時でも、配りやすいおやつです。子供が食べやすい、手頃な大きさのおやつを選ぶとハズレはありませんし、どれも個装タイプの商品があるので、配る用でなくても、お子さんが自分で食べる分だけ持っていくことができます。

遠足は特別だから、と好きなものや普段あまり買わないようなポップなもの…が欲しくなっていたのは幼少期の私ですが、1つはそういう好きなおやつを選ばせつつ、あとはおすすめしたものを選ぶと、子供も嬉しくママも安心なおやつ選びができますね。

年少さんにはおすすめ「しない」おやつ

初めて遠足に行く、幼稚園の年少さん。おやつもきっとワクワクする時間ですよね。しかし、年少さんはまだうまく自分で開けられなかったり、わからない出来ないことも色々あります。それらを踏まえながら、ここでは年少さんにおすすめ「しない」おやつをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャラメル、チューイングガム

溶けやすく、年少さんくらいには食べづらいです。大きい飴玉や棒のついた飴なども、同じような理由で飲み込んでしまったりとまだ危ないので、おすすめしません。

4連5連に繋がっている袋のお菓子

スナック菓子で4連5連に繋がっているものは、年少さんには量が多くて食べきれないことも。配る用にしても、結局食べきれなかったということにもなりそうです。お弁当も食べますし、おやつはお子さんが食べきれる量を基本に考えるといいでしょう。

ジッパー付きの袋に詰め替えるのもおすすめ!

年少さんは、食べれる量が少なかったり、まだ袋を自分で開けられないこともありますので、あらかじめジッパー付きの袋におやつを詰め替えて持たせるのもおすすめです。1袋に色々なお菓子が入っていると、それもまた楽しくなりそうですね。

みか子
お子さんもカゴを持って、真剣に考えると思いますよ。おやつ選びも、成長のためのいい経験になりますね。

【まとめ】さあ、一緒におやつを買いに行こう

●園のルールを守ること

●おやつ交換のことも踏まえておやつを選ぶ

●子供も嬉しいママも安心なおやつ5選

●年少さんにおすすめしないおやつ

●お金の勉強にもなる?!

近年のおやつ事情も踏まえながら、楽しいおやつの時間になるように、おやつ選びのポイントとおすすめのおやつをお伝えしてきました。

美味しい!安心安全!ぱんだママおすすめの宅配野菜↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です